2006年04月05日

知的好奇心

どの子にも同じころに、同じようなことをするのは、遺伝子に組み込まれているのだろうか?
赤ん坊のとき、「唇に触れたものをくわえて吸う」という動作は生きるために必要だけど、「箱から少し出ているティッシュやお尻拭きを取り出す」という行動にどのような意味があるのかしらん。
屁理屈を考えれば、視覚情報を行動と一致させるための、微調整を体に叩き込んでいる?とも考えられるよね・・・。
もしくは、指・腕・肩の神経系と筋肉系のトレーニングとも思える。

それとも、進化の過程で、似たようなシチュエーションをくぐり抜けてきた遺伝子の記憶がさせるのか・・・。

まあ、我が家では3人でティッシュ&お尻拭きで10箱はやられているので、慣れてくると怒る気にもならない。わーい(嬉しい顔)どうせなら後で使えるティッシュにして〜と願うばかり。

と書いているうちに、どこかで読んだ記憶が・・・。
ティッシュ取出しを途中で止めさせたり、しかったりするのは子供の精神と知能の発達に良くない?といった内容のことを見たか聞いたか・・・。出典が思い出せない〜。

これを老化と言う。もうやだ〜(悲しい顔)
posted by ken at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。